2012年08月30日

ちょっとばかり早いですが、9月2日のWIN5の傾向分析をしてみました

1レース目  小倉10R  西日本スポーツ杯  ダ1700m

スタンド前からのスタートで1コーナーまでの直線距離は343m。逃げたい馬は思い切って行くため速くなり、位置取りも大体決まってしまう。
1コーナーから上りでペースは落ち、下りと共に息が入る。最後の直線はどの馬もバテているので切れ勝負にはならない。
向う正面でペースが落ちるのでマクってくる馬もいる。
枠は基本的に中から内が有利。




2レース目  新潟10R  稲妻特別  芝1000m

直線ではあるが、坂のUpDownは存在する。スタートから270mは穏やかな上り、続く200mは下り、その後少しの上下のあとは平坦。
最初にかなり追うけれど、最初から最後まで目一杯というわけではない。スタートで加速してトップスピードに達したあたりで丁度上りから下りへ転じることもあり、2ハロン目の下りが一番速い。
そこで一息入り、残り400mあたりから再び加速。
半数以上が脱落し、5ハロン目は残った馬たちがどこまで粘れるかになる。
開催が進むと、外回り・内回りと共有する部分の芝が徐々に傷んでくる。
そうなると完全に外枠有利となり、馬群が外へ外へと殺到するようになる。
脚質は総じて逃げ・先行有利。
馬場状態が良いほど前が有利だ。




3レース目  札幌11R  丹頂S  芝2600m

向う正面からのスタートで3コーナーまでの直線距離は165m。洋芝が重く、コーナーがコースの大半を占めているので時計がかかる。
コーナーまで先行争いは続き、スタンド前で落ち着く。
後続は追走に手一杯で、先行勢のサバイバルレース。
逃げ馬は厳しい立場で、差し馬も不利。
外枠は先行しにくいので厳しい。




4レース目  小倉11R  小倉2歳S  芝1200m

向う正面の直線を延長したポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は479m。
コース内で最も高い部分からのスタートになるのでスピードが出やすく、3.4コーナーでも早いままになり、直線では大きく外に膨らむ。
基本的には逃げ先行が有利。
テンで速くなりすぎた場合、けん制しあった場合、力が足りなくても前で残れてしまう。




5レース目  新潟11R  新潟記念  芝2000m(外)

向う正面のポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は948m。
向う正面では各馬抑え気味なので落ち着きやすい。
最後の直線に向いてから追い出されるのだが、ここで前に追いつけない馬にはもちろん、決め手の無い馬にも厳しい。
能力差が出やすいコース。




ざっと見て、こんな感じになりました。



☆無料情報でもそこそこ当たりやすい予想サイト☆

アクシス
無料買い目情報については土日のいづれかの1鞍となっているものの、買い方次第では、3連複どころか3連単も的中してる予想サイトとなっています。


馬券フォーカス
斉藤洋一氏監修の予想サイトではありますが、最近では、注目馬ピックアップ情報で挙げられた馬が大抵馬券に絡んでいるようです。


みんなの予想的中.com
的中率・回収率などにこだわりを持たず、「競馬で当てることの楽しさを知ってもらう」といった、競馬初心者向きの予想サイトとなっています。
posted by DJ.YOH at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289124401

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。