2012年09月18日

9月23日の阪神メイン「神戸新聞杯」の気になる馬をピックアップしてみました。

ゴールドシップ
ダービーでは5着と初めて連を外してしまいましたが、着差はわずか0秒2だったみたいですね。
敗因は位置取りが後ろ過ぎたという事も明確となっているのがこれからの勝ちに繋がってくるのではと見ています。
1週前は内田騎手を背に栗東坂路で4F58秒7-13秒2をマークしたというのもそうですが、今回の菊の舞台へ向けての主役の1頭と言っても過言ではないような気もしています。


マウントシャスタ
宝塚記念にて掲示板を確保したことは高く評価できるのではと見ています。
1週前はピンナを背に栗東CWで5F66秒5-11秒9と、3頭併せで楽々と先着を果たしたという事もあり、期待度はアップしているといったところでしょうか。
陣営は「同世代の戦いなら楽しみ」と期待も大きく、流れ次第では逆転も可能だと思います。


ヒストリカル
ダービーでしんがり負けを喫してしまいましたが、毎日杯の内容から潜在能力はG1級ではないかと見ています。
1週前は浜中を背に栗東坂路で4F51秒9-12秒9をマークし、相手が動いたので手応えでは見劣ったが、復調気配は十分感じられたといった感じだと思いますし、まとめて差し切る脚はあると見ています。




ざっと見て、こんな感じでしょうか・・・?




【PR】ブレることのない軸馬選びを!!
3連複軸1頭流しにしても軸2頭流しにしても、軸を間違えてしまったらアウトというのが一番悔やまれることだと思います。
しっかりとした根拠を元に軸馬を導き出し、プラスになる買い目をしっかりと導き出している所の情報を利用してみませんか?
posted by DJ.YOH at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。