2012年08月21日

8月26日の札幌メイン「キーンランドC」の気になる馬をピックアップしてみました。

ダッシャーゴーゴー
CBC賞で3着に敗れてしまいましたが、トップハンデの59キロだったという事もそうですが、重馬場も原因だったと考えると、比較対象外にしても良いのではないかと思います。
1週前は函館Wで5F65秒8-12秒5をマークしているように、安田景助手も「取りこぼせない一戦だと思っている」と力が入っており、重賞3勝馬が地力の違いを見せつける可能性は高いのではないかと見ています。


ドリームバレンチノ
今夏最大の上り馬で、怒とうの3連勝で函館スプリントSを制覇しているという事が魅力に感じます。
牧野助手が「前走ぐらいからやっと良くなった」と言うように、さらに上積みが見込めるのではと見ています。
1週前は函館Wで5F67秒1-12秒6をマークする等、スプリンターズSへ向け、4連勝で弾みをつけることができそうな気がしますね。


パドトロワ
初の直1000mに難なく対応し、アイビスSDで重賞初Vとなった事が記憶に新しいかと思います。
首+鼻差の3着だった昨年よりも気配が良さそうだというのが何よりのプラス材料ではないかと見ています。
1週前は函館Wで5F66秒0-13秒0をマークする等、しぶとい先行力が持ち味だけに、同型馬との兼ね合い次第では連勝も可能だと考えています。




ざっと見て、こんな感じでしょうか・・・?




【PR】ブレることのない軸馬選びを!!
3連複軸1頭流しにしても軸2頭流しにしても、軸を間違えてしまったらアウトというのが一番悔やまれることだと思います。
しっかりとした根拠を元に軸馬を導き出し、プラスになる買い目をしっかりと導き出している所の情報を利用してみませんか?
posted by DJ.YOH at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

8月25日の札幌メイン「エルムS」の気になる馬をピックアップしてみました。

エスポワールシチー
7歳となった今年も元気いっぱいといったところでしょうか。
かしわ記念1着、帝王賞2着と相変わらず力強い先行力を見せているのもそうですが、1週前は札幌ダートで6F80秒7-12秒0をマークしたようです。
牧場からの直接入厩なので本数は少ないかもしれないですが、攻め気配は良好であるといった感じがしますね。


ローマンレジェンド
1000万下→準OP→準OP→OP特別と4連勝中といった点が記憶に新しいかと思います。
特に前走は昇級戦にもかかわらず、トウショウフリークに6馬身もの差をつけているという点もプラス材料では無いかと思います。
1週前は函館Wで5F65秒5-12秒7をマークする等、好調をキープしており、3キロ差なら逆転も考えられるのではと見ています。


グランドシチー
ブリリアントS、大沼S、交流GV・マーキュリーCと3戦連続2着という事が、今回ひょっとしたらと思わせるといったところでしょうか。
息の長い末脚できっちり追い上げているのが最大の魅力であるといっても良いかもしれませんね。
1週前は函館Wで5F71秒1-13秒1をマークする等、休みなく使われているものの、調子落ちはなというのが凄いと感じる部分であるような気がしますし、ここでも上位争いに加われるのでは無いかとみています。




ざっと見て、こんな感じでしょうか・・・?




【PR】ブレることのない軸馬選びを!!
3連複軸1頭流しにしても軸2頭流しにしても、軸を間違えてしまったらアウトというのが一番悔やまれることだと思います。
しっかりとした根拠を元に軸馬を導き出し、プラスになる買い目をしっかりと導き出している所の情報を利用してみませんか?
posted by DJ.YOH at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ちょっとばかり早いですが、8月19日のWIN5の傾向分析をしてみました

1レース目  小倉10R  不知火特別  芝1800m

スタンド前のスタートで、1コーナーまでの距離は272m。1コーナーの上りでペースは落ち着くが、下りに入るとまた速くなる。
向う正面では抑え気味に流れるので、全体としてのペースはそれほど速くならない。
最後の直線では横に広がっての瞬発力勝負になる。
脚をタメにくい外枠は不利。
こちらも馬場の痛みが酷くなると差し馬の台頭が目立つ。




2レース目  新潟10R  妙高特別  ダ1200m

向う正面の約100mある芝ポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は525m。
芝スタートなのでテンは速くなり、コーナーを回っているうちにスピードが落ちる流れ。
ダートも最後の直線が長く、差し馬でも届くことがある。
やはり先行馬に揉まれやすい内枠は割り引き。
差し馬は内を追走できて間を割ってこれる位置取りができる馬がイイ。




3レース目  札幌11R  札幌記念  芝2000m


4コーナーポケットからのスタートで1コーナーまでの直線距離は385m。
大逃げ馬がいない限りそこまで速くなることは無い。
ペースが落ちることなく向う正面では縦長になり、そのまま3コーナーへ入ると4コーナーでようやく詰まってくる。
逃げ先行馬が有利で、スローの瞬発力勝負になっても前が粘れる。
内は外から揉まれ、外はコーナーで下がらざるを得ない。




4レース目  小倉11R  北九州記念  芝1200m

向う正面の直線を延長したポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は479m。
コース内で最も高い部分からのスタートになるのでスピードが出やすく、3.4コーナーでも早いままになり、直線では大きく外に膨らむ。
基本的には逃げ先行が有利
テンで速くなりすぎた場合、けん制しあった場合、力が足りなくても前で残れてしまう。




5レース目  新潟11R  天の川S  芝2000m

向正面のポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は948m。
向正面では各馬抑え気味なので落ち着きやすい
最後の直線に向いてから追い出されるのだが、ここで前に追いつけない馬にはもちろん、決め手の無い馬にも厳しい。
能力差が出やすいコース。




ざっと見て、こんな感じになりました。



☆無料情報でもそこそこ当たりやすい予想サイト☆

アクシス
無料買い目情報については土日のいづれかの1鞍となっているものの、買い方次第では、3連複どころか3連単も的中してる予想サイトとなっています。


馬券フォーカス
斉藤洋一氏監修の予想サイトではありますが、最近では、注目馬ピックアップ情報で挙げられた馬が大抵馬券に絡んでいるようです。


みんなの予想的中.com
的中率・回収率などにこだわりを持たず、「競馬で当てることの楽しさを知ってもらう」といった、競馬初心者向きの予想サイトとなっています。
posted by DJ.YOH at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。